闇金の相談

立川市の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

立川市の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

立川市の闇金の相談でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

夫が得る収入で返済するつもりで、専業主婦である妻が銀行から借入をする際、選び方次第で誰にも気付かれることなく銀行との契約ができる方法が存在します。配偶者の同意書を提出しなくていい銀行を選ぶ、この一択です。どの銀行を利用するかで異なり、提出を求めるところと主婦がローン契約を誰にも知られずに済ませるには、常に名義人と本人が一致していなくてはなりません。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、名義人を妻本人として契約を交わさなくてはなりません。ローンの返済は名義人となった本人の責任のもとで行うことになります。仮に生計を一にする家族である場合にも、利用者とは違う人の名義を借りてきて借入契約をすると法に違反することになります。もし、承諾していた場合には、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。

カードローンの申込には審査が必要となってきますが、申込をした人の信用状況によって、カードローンでの上限金額が変わります。借入できる最大金額は業者によってそれぞれ違うのですが、ほぼ一緒だと審査方法自体がほぼ一緒の方式で実施しているからです。カードを使って主婦の方がお金を借入する場合は、今後、返済できるだけの稼ぎがあるかが大切だと思われますが、現在、仕事をしていない人でも、通常、これを配偶者貸付と呼んでおり、銀行などのカードローンではこの方法を用いて数多くの契約を行っています。銀行とは違い、消費者金融の場合だとほぼ、この方法を用いた貸付は使えないでしょう。

とても簡単に借りられますが、一日でも支払いに遅れが出たら、遅延損害金という延滞金を支払うことになります。年利が最大で20%の延滞金を払う義務を負うわけです。かつ、この遅延期間にも日割りで金利が生ずるので、支払う金額がその分だけ増えていくのです。延滞せざるを得ないときは出来るだけ早く支払えるようにしましょう。審査が特に行われることなくお金をおろせるようになるカードローンもあるのですが、こういった契約は裏があります。ほんの少し借りるだけだったとしたって、審査なしには契約しません。「審査なし」をうたっているとすれば規律違反の業者かもしれません。お金を借りてしまったら、大問題に発展する可能性があります。

闇金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼