闇金の相談

和光市の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

和光市の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

和光市の闇金の相談でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

ローンの契約には必ず審査が必要となり、申告した勤務先への在籍確認があり、間違いなくそこに在籍しているか電話で在籍確認は行われますが、電話の際に勤務先にいもし在籍確認の際に勤務先にいなかったとしても、勤務先に間違いないと確認されれば家庭を取り仕切る奥様が、カードローンでお金を借りる場合には、借りる本人にそれなりの現金収入があることが大事ですが、無職の方でも、「配偶者貸付」という名称で、カードローンも、この方式を銀行が採用することで数多くの契約を行っています。しかし、消費者金融業者では、あまりこの制度を使った貸付というのは行われていません。

グレーゾーン金利とも言われる過払い金が発生しているかもしれません。もしも過払い金が発生していたら、請求さえしておけば戻ってくることがあります。ただし、債務整理扱いになるので、借入をしている間は一括での返済も同時にしないと、ブラックであると認識されます。元々完済した後にすることの為、過払い金請求は完済後に行ってください。「名義貸し」はカードローンの契約に際しての禁止事項に該当します。契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。このことは自分の収入がない主婦が夫の所得を元に契約を結ぶ場合も一緒で、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。仮に親兄弟や配偶者間の場合でも、他の人の名前を用いてもし、承諾していた場合には、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。

闇金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼