闇金の相談

闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

横浜市大口駅の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

闇金の相談悩み


おすすめの弁護士

横浜市の闇金の相談でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

もし、過去にキャッシングを利用したことがあるという場合、それが2010年より前ならば、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。10万円以下の借入の場合、20パーセント以上の金利で借りていた人は確実に過払いしていたことになります。過払い金は、請求することで過払い金返還請求は完済後10年間の期限付きなので、これらの条件にあてはまる可能性がある人はマイナンバー制度は、個人情報を紐付けして管理されるもので、将来的にはその適応範囲は金融関係にも及びます。キャッシングを使っている人の中には、借金の情報がマイナンバーによって公開されてしまい、家族に知られてしまうのではないかと悩んでしまう方もいるようです。確かに、マイナンバーは将来的にすべての個人情報を関連付ける予定なので、金融機関からの借入状況も関連付けられると思ってしまいますよね。ですが、マイナンバーでキャッシング歴が調べられることはないのです。もし、借金が返せず債務整理した過去があっても、その情報はマイナンバーには登録されません。このように、マイナンバーから借金が発覚することはありませんが、家を購入する際に住宅ローンのどこの業者とも契約できないなどが原因で思わぬところから家族に伝わってしまうことはあるでしょう。

キャッシング初心者の方は勘違いしがちなのですが、かつて利用していたという人の方が言うまでもなく、返済の滞納があって事故歴がある場合などは例外です。キャッシング未経験の場合、多重債務者よりは信用度は高いものの、返済歴がないため、きちんと返済できる人物なのか分かりにくいためでしょう。たとえ学生であっても、キャッシングでお金を借りることができます。とはいえ、未成年だったりアルバイトなどをしていなければ、キャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。働いていなければ返済できる見込みがありませんから、当然と言えるかもしれません。とはいえ、アルバイトしていないのにもかかわらず、キャッシングの申込で嘘のバイト先を記入する学生もいます。基本的に在籍確認されることはありませんし、公的な収入証明書もいらないため、誤魔化しやすいという背景があるからでしょう。けれども、審査を通過できたとして、返済金が工面できる予定もないのにキャッシングすると、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

契約を解消しようとしている方もいるでしょう。ただ電話をかけて解約の手続きを申し込むだけです。その後、ご自身でカードそのものを破棄すれば、解約完了です。解約のタイミングは任意ですが、一旦契約を解除した場合は、再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。いざという時に備えて契約を続けるか、安易に借り入れないために解約するか。どちらが都合が良いのか、ご自身の性格や環境を踏まえて選択しましょう。

闇金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼
大口駅 闇金の相談